人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

埼玉県植樹祭

6月4日の植樹祭に行ってきましたので、レポートします。
今年の会場は、川越市の伊佐沼北側にある農業ふれあいセンターという場所でした。
会場に着くなりこのようなものが、、、
埼玉県植樹祭_e0123469_5365142.jpgいかだ?クラブでも出来そう?とかいいながら受付へ(いかだではなくアシなどを植栽した浮き島でした)

受付を済ませると今日のプログラムと、記念品としてヤマブキの苗木、いもせん、小江戸川越の水を個々に頂き、式典会場へ。
アトラクションの和太鼓が始まり式典へ。


埼玉県植樹祭_e0123469_5315334.jpg上田知事の使っているカウンターテーブル、植樹祭らしいおしゃれなものでした。
ちなみに向かって左側にわずかに見える手は手話の同時通訳の方です。



式典では主に森林に関わる活動等の表彰が行われました。その中の森林フォトコンテストの入賞作品の一部です。
埼玉県植樹祭_e0123469_551935.jpg埼玉県植樹祭_e0123469_5501734.jpg

あれ?


埼玉県植樹祭_e0123469_5543987.jpg
川越緑のサポーターの活動報告を経て、植樹へ。
緑の少年団達は植樹のサポートをしてきました。埼玉県植樹祭_e0123469_5591747.jpg


埼玉県植樹祭_e0123469_61552.jpg
お決まりの記念撮影大会へ。


埼玉県植樹祭_e0123469_671341.jpg
ちなみにJリーダーがサポートしたこの木、たぶんダグラスファーなのですが、その時は確認し忘れ後で県の担当者宛にメールで問い合わせたのですが、いまだ返答はありません。
日本では米松(ベイマツ)として建築材料として広く使われていますが、多分、生きた木を見るのは
初めてです。とんでもなく大きくなる木でゆくゆくは白銀平からも見えるかもしれません。
新芽が非常にやわらかく気持ちよい感しょくのようで、二人ともなでなでしてました。


これで式典は終わり、その後は会場内にある各ブースを見て回りました。

最後に、今年は国際森林年ということで、パンフレットより一部ばっすいさせて頂きます。

国際森林年では世界の森林減少が進む中、森林の持続可能な経営保全の重要性について認識を高めることを目的としています。
国際森林年のテーマは、「Forests for People」(人々のための森林)、ロゴマークは、世界の森林の持続可能な経営保全における人間の役割と、森林の多面的な機能が人類の生存に欠かせないものであることを表現しています。
日本では、用意に参加出来るよう「森を歩く」をテーマに、豊かな森林の引き継ぎ、暮らしに木を使うことを推進するため、「未来へ向かって日本の森を活かそう」をサブテーマに進めています。

by koma-outdoor-club | 2011-06-11 06:45